名古屋鉄道の新社長に高崎裕樹副社長が昇格 6年ぶりに社長交代

2021年3月25日 19:04
 名古屋鉄道は新しい社長に高崎裕樹副社長が昇格する人事を発表しました。名鉄のトップが交代するのは6年ぶりです。

 「コロナ禍の今、大変多難な船出になることは必至ですが、全役職員一丸となって、名鉄グループを再び成長軌道に戻すべくまい進する。」(名古屋鉄道 高崎裕樹副社長)

 高崎新社長は不動産事業本部長などを務め、名駅の再開発などで中心的な役割を担っていました。

 名鉄の社長交代は6年ぶりで、安藤隆司社長は会長に就きます。

 名鉄は今後、高崎新社長の元で沿線の再開発事業などに力を入れ、鉄道以外での収益力の強化を図るということです。

これまでに入っているニュース

もっと見る