入社式などで高まる「PCR検査キット」の需要 WEB申し込みで簡単検査

2021年3月8日 13:51
 入社式や新入社員の研修など、会社や季節の行事が多くなる前にPCR検査を受けようという需要が高まっているといいます。今、医療機関が行う民間のPCR検査もより身近に受けられるようになってきました。

ドラッグストアで販売されているPCR検査キット

 名古屋市内にあるドラッグストア・ウエルシア薬局では、医療機関の「にしたんクリニック」が提供する自宅でPCR検査ができるキットが販売されています。

 「1日1~2件というペースで問い合わせがあるので、関心を持たれているお客さんが多いなという感じです」(ウエルシア薬局 名古屋代官町店 片山茂 店長)

 購入後は、WEBで検査の申し込みをして、自宅で唾液を採取し、郵便で送るだけです。

 到着後、24時間以内に検査結果を知ることができます。

 「病院等で検査を受けるのが難しかったりするお客さんが多いように感じたので、ドラッグストアで簡単に求められるPCR検査キットを求められる方が多いかなと」(ウエルシア薬局 名古屋代官町店 片山茂 店長)
 

にしたんクリニック提供

自宅で唾液を採取、郵送するだけで24時間以内に結果が判明
 医療機関が行うPCR検査のため、「陰性」「陽性」と、はっきりとした表現で通知が受け取れます。

 もし陽性だった場合、クリニックから保健所への報告や診療を行うなど医療機関として対応しています。
 

「にしたんクリニック」の検査キットの受け取りをするスタッフ

入社式・研修を前に「PCR検査の需要」が増加
 そして、名古屋駅の正面・大名古屋ビルヂング前には、「PCR」の文字が書かれた帽子をかぶって立っている人がいます。
 
 実は、「にしたんクリニック」の検査キットの受け取りをするスタッフです。

 急ぎで検査結果を知りたい人のニーズに対応したサービスです。

 この日はインドネシア国籍の学生が一時帰国するために利用していました。

 WEBで事前申し込みをして、検査キットの受け取り希望日時などを伝え、当日、スタッフから検査キットを受け取ります。

 あとは唾液を採取してスタッフに渡せば、その日のうちにメールで検査結果の通知書が届きます。

 検査数は12月~1月のピーク時と比べると落ち着いてきたといいますが、今も一定の需要があると、にしたんクリニックの荘司理事長は話します。

 「入社式や新入社員の研修など、人が多く集まる会社の行事や季節行事に向けて、PCR検査を受けておこうという必要性が高まっているのではないかと思います」(にしたんクリニック 荘司英彦 理事長)
 

看護師支援プロジェクト

総額1億円を支給、コロナの最前線で働く看護師を支援
 一方、にしたんクリニックでは、検査を行うだけではなく、「看護師支援プロジェクト」と題した支援事業も実施しました。

 コロナの最前線で働く看護師を直接支援する目的で、全国の看護師500人に総額1億円を支給。

 「生活が助かった」など、多くの声が寄せられたといいます。

 「厳しい状況に置かれているという看護師の人たちのために、微力ながら当院ができることは何かということで、看護師の皆さんが置かれている状況が少しでも好転する一つのきっかけになるのではないかと思って、本プロジェクトを実施しました」(にしたんクリニック 荘司英彦 理事長)

 クリニックでは、今後も、より身近にPCR検査が受けられるように体制を整えていくということです。

(3月8日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る