「あと一歩のところまで来ている」  愛知県独自の厳重警戒宣言、期限延長は「今週半ばに判断」

2021年3月8日 12:04
 愛知県の大村知事は、新型コロナ対応の県独自の「厳重警戒宣言」について、期限を延長するかどうか「今週半ばに判断する」と述べました。

 「厳重警戒宣言の期限延長について、今週半ばには判断をしていきたい。階段を踏んで、規制を緩和していくことになるだろう。」(愛知県 大村秀章知事)

 愛知県独自の「厳重警戒宣言」では飲食店へ午後9時までの時短営業が要請されていて、期限は今月14日までとなっています。

 県内の入院者数はきのう時点で287人となり、病床使用率は23・6パーセントと緩やかな減少傾向で、大村知事は「あと一歩のところまで来ている」と述べました。

これまでに入っているニュース

もっと見る