北京五輪金メダル候補 ショートトラック 吉永一貴選手

2021年3月5日 11:00
東京五輪が話題ですが、実は冬の北京五輪まで1年を切っているんです!!そんな中、最もコロナの影響を受けていると言っても過言ではないスケート競技があります。その競技の日本エース、地元愛知のスケーターに迫りました。

吉永一貴選手

吉永一貴選手(以下吉永選手) 最近だと「呪術廻戦」とか「炎炎之消防隊」とか「約束のネバーランド」も見てるし「進撃の巨人」も見てます。「鬼滅の刃」は全部漫画読んじゃったので

漫画をこよなく愛する、中京大学の吉永選手。愛知県尾張旭市出身の21歳がけん引する冬のスポーツ。それが・・・1周およそ111メートルのリンクで着順を競う氷上の競輪「ショートトラック」です。
 

練習中の吉永選手

平昌五輪で日本人史上最年少出場。
3年前のワールドカップでは、ニッポン男子、実に17年ぶりの優勝を飾った若きエース。

彼もまた、コロナの影響を大きく受けていました。
選手同士が密接するショートトラック。ゆえに、国際大会は軒並み中止に。唯一開催される世界選手権も日本からの派遣が見送られ・・・吉永選手は今シーズン一度も海外で戦えませんでした。

吉永選手 対人競技なので、人との差だったり成績ってところが重要になっていくので、やっぱりすごくきつかったですね・・・

ただひたすら、練習の毎日。それでも、自らを見つめなおし、課題の「スピード強化」を図ってきました。
 

目標は北京五輪金メダル

1月末、地元愛知で開かれた国体。貴重な実戦で見せたのは・・・
外からでも追い抜ける圧倒的な速さ!なんと3種目すべてを制し完全優勝を成し遂げました!!
すでに1年を切った北京オリンピック。地元期待のスケーターがいま見据えるのは・・・

吉永選手 1500mの金です。個人的には、北京五輪は開催されると思っています。信じてるというか(笑)普通に勘です。意外と勘が良いほうなので自分は大丈夫だと思っています。



3月5日 6:00~放送 メ~テレ『ドデスカ!』より
 

これまでに入っているニュース

もっと見る