飛騨地方に春を告げるセリバオウレンの花が咲き始める 岐阜県高山市

2021年2月28日 12:07
 岐阜県高山市では飛騨地方に春の訪れを告げる「セリバオウレン」が咲き始めました。

 セリバオウレンはキンポウゲ科の多年草で、葉の形がセリの葉に似ていることからこの名前で呼ばれています。

 高山市の群生地では雪解けの木の根元に2月中旬ごろから咲き始めました。

 10センチ程の茎の先に薄いクリーム色の小さくて可愛らしい花を咲かせています。

 セリバオウレンは飛騨地方では春一番に咲く花といわれていて、見ごろは3月中旬頃までだということです。

これまでに入っているニュース

もっと見る