フランクフルト線、6月から中部空港で運行再開 欧州路線の定期便復活は去年4月以降初

2021年2月26日 11:08
 ドイツの航空会社のルフトハンザ航空が中部空港からヨーロッパへと向かう定期便を6月から再開する予定であることが分かりました。新型コロナの感染が拡がった去年4月以降中部空港からヨーロッパに向かう定期便が再開するのは初めてです。

ルフトハンザ航空

 6月から再開するのはドイツのルフトハンザ航空が運航する中部空港と、ドイツのフランクフルトを結ぶ路線です。

 関係者によりますとビジネスを中心とした需要が高まるとみていて、週に3往復での運航を検討しているということです。

 中部空港とフランクフルトを結ぶ便は新型コロナ感染拡大前の2019年冬ダイヤでは週4往復、運航していて、ヨーロッパ各地への乗り継ぎ便としても利用されてきました。

 新型コロナの感染が拡がった去年4月以降中部空港からヨーロッパに向かう定期便が再開するのは初めてです。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る