偽の「グッチ」トレーナーなど所持容疑、フィリピン人経営者を逮捕 「ライブ配信で宣伝していた」

2021年2月24日 19:27
 偽の「グッチ」のトレーナーなどを販売するために所持していたとして、服飾店経営者のフィリピン人の女が追送検されました。

警察が押収した偽「グッチ」

 22日に商標法違反の疑いで追送検されたのは、名古屋市緑区の服飾店経営者で、フィリピン国籍のセルキニャ・サラジェーン・カフェ容疑者(51)です。

 警察によりますと、セルキニャ容疑者は、去年12月、自身が経営する服飾店で、偽の「グッチ」のトレーナーなど32点を販売目的で所持した疑いがもたれています。

 調べに対してセルキニャ容疑者は容疑を認めているということです。

 セルキニャ容疑者は偽の「シュプリーム」のパーカーなど合わせて30点を中国から輸入しようとした関税法違反の疑いでも、今月10日に逮捕、送検されていました。

 セルキニャ容疑者は「新型コロナの影響で売り上げが減り、SNSのライブ配信で商品の宣伝や販売をしていた」などと話しているということです。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る