• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

藤井聡太二冠が名大付属高校を自主退学 去年秋ごろに退学の意思「将棋に専念したい」

2021年2月16日 19:45
 将棋の藤井聡太二冠が、3月の卒業を前に名古屋市内の高校を自主退学していたことが分かりました。
 藤井二冠は名古屋大学教育学部付属高校の3年生で、これまで高校生活を続けながらプロ棋士として活躍してきました。

 日本将棋連盟によりますと、藤井二冠は去年秋ごろに退学の意思を固め、高校と数回に渡って話し合いをしたうえで、先月末、高校に退学届を出したということです。

 藤井二冠は連盟を通じ、「タイトルを獲得できた事で、将棋に専念したい気持ちが強くなりました」「一層精進していく所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます」とコメントしています。

 藤井二冠は去年夏に「棋聖」と「王位」の2つのタイトルを史上最年少で獲得していました。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る