セイウチの引っ越し、新ルームメイトの反応は?

2021年2月16日 17:12
 セイウチに恋の季節がやってきました。三重県伊勢市にある伊勢シーパラダイスのメスのセイウチ・タンポポが、南知多ビーチランドに「嫁入り」です。

 三重県にある「伊勢シーパラダイス」のメスのセイウチ、タンポポ(推定17歳)。

 飼育員によると、人懐っこくて、ちょっぴり寂しがりやの女の子です。

 16日から、愛知県の南知多ビーチランドで飼育されているオスのセイウチ・キックと繁殖するため、引っ越しすることになりました。

 飼育員が、タンポポを慎重に運び出しますが…。

 体重がおよそ680キロあるタンポポ。特注のケージが大きすぎて、なかなか外に出られません。

 トラックに乗せられたタンポポは、飼育員総出で見送られました。

 およそ4時間かけて、タンポポを乗せたトラックが南知多ビーチランドに、無事到着しました。

 タンポポが不安そうに見つめる中、こちらも職員総出でお出迎え。

 三重から愛知へ、およそ180キロの道のりを経て、タンポポがやってきました。

 これからタンポポが一緒に暮らすのは、オスの「キック」と、メスの「さくら」です。

 ルームメイトの様子を見に来たタンポポに、さくらが早速ご挨拶。

 恋の三角関係が勃発?

 女の子同士、気が合うのでしょうか。そして、肝心のキックとの相性は大丈夫でしょうか?

 「タンポポは寂しがりやの甘えん坊と聞いているので、相性はいいと思う。タンポポが元気な赤ちゃんを産んでくれることを願うばかりです」(南知多ビーチランド・杉村亮飼育員)

 タンポポは、交尾が確認されたのち、早ければ来月中にも伊勢シーパラダイスに戻る予定です。

これまでに入っているニュース

もっと見る