• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

時速146キロの暴走車が奪った命…高裁は危険運転罪を適用せず 婚約者「そんな法律ならいらない」

2021年2月13日 07:00
 2018年、三重県津市で車を時速140km以上で走らせ、5人を死傷させたとされる被告の控訴審が12日にありました。名古屋高裁は懲役7年の1審判決を支持し、危険運転致死傷罪は適用されませんでした。判決の前、遺族が取材に応じてくれました。
 やぶれた黒いバッグと血がついたままの靴。

 三重県津市で起きた交通事故で死亡した大西朗さんが当時、身に着けていたものです。

 2018年12月、津市の国道で、時速約146kmで走る乗用車がタクシーと衝突し、乗客の大西朗さん(当時31歳)ら4人が死亡、1人が重傷を負いました。

 この事故で、被告の男は危険運転致死傷の罪に問われていました。

 一審の津地裁では、危険運転致死傷の罪の成立は認められず、「過失運転致死傷罪」で、懲役7年の判決が言い渡され、検察側と弁護側、双方が控訴していました。
 

大西朗さんの父 正晃さんと母 まゆみさん

事故から2年も…「気持ち的には全然変わってない」 遺族の胸の内
 12日の控訴審判決を前に、遺族が取材に応じました。

 「まあ、事故から2年っていうけどもさ、そのまま2年間っていうよりさ、毎日毎日私ら朝と夜、朗君に挨拶してるもんで、別に事故当時とは気持ち的には全然変わってないな」(大西朗さんの父 正晃さん)

 「星が出ていると眺めて思いますね、朗のことを。月を見ても思うし、でも必ず朗は“大丈夫”って励ましてくれていると思います」(母 まゆみさん) 
 

歯にノリをつけた笑顔(大西朗さんの遺影)

遺影は婚約者のおにぎりを食べたときの笑顔 母「この顔を見ると救われる」
 大西朗さんの遺影は、歯にノリをつけた笑顔。

 婚約者の手作りのおにぎりを食べた時に見せたものだといいます。

 「もうこの笑顔は彼女にしか見せない笑顔ですね。私たちもこんな笑顔は見たことないっていうような笑顔なんですけど、この顔を見るとこっちが救われるというか、ありがたいですよね」(母 まゆみさん)

 遺族が、改めて司法に求めるのは「危険運転致死傷罪」の適用で、被告に対しては、最低でも懲役15年の判決を望むといいます。

 「被告に求めることっていうのは、求めても意味がないって考えていたんですけど、自分がしたことをきっちりとそういうことに向き合って、やっぱり償う気持ちっていうのを持ち続けてほしいと思います」(母 まゆみさん)
 

会見で胸の内を語った遺族たち

危険運転致死傷罪、適用されず 婚約者「適応が難しい法律ならいらない」
 午後3時、迎えた控訴審判決。

 名古屋高裁は、双方の控訴を棄却し、懲役7年の1審の判決を支持。

 「車の性能や道路の状況などを踏まえても、被告の運転が、進行の制御が困難な高速度に該当するとは言い難い」などとして、危険運転致死傷罪は適用されませんでした。

 「きょうは必ず危険運転致死傷で懲役15年以上の判決をいただけると思って、確信して裁判に行こうと婚約者と話していました。最後は立ち上がれない状態でした。このままでは絶対に終わりたくないと思います」(母 まゆみさん)

 大西さんの両親と一緒に判決をきいた婚約者は、次のように話しました。

 「どうみても危険な運転にしか見えないのに、危険運転じゃないといわれて、そんなに適応するのが難しい法律であれば正直いらないと思いました」(大西朗さんの婚約者 牛場里奈さん)

 遺族は、上告の意志を示し、今後、検察と協議するということです。

(2月12日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る