• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

ワクチン接種に「前向き」が7割超 名古屋市アンケートに5000人超が回答

2021年2月8日 16:47
 ワクチンの接種に向け、名古屋市も準備を進めています。市が実施したワクチンの接種についてアンケートでは接種に前向きな意見が多いようです。

名古屋市のホームページ

WEBアンケートでは接種に前向きな意見が多くを占める
 名古屋市は今月5日からワクチンの接種についてWEBアンケートを実施しています。接種を希望する市民が、どのぐらい、いるのかを把握する目的です。

 「アンケートは9日までですが、8日朝の時点で5000件超の回答を得ている。市民のワクチンに対する関心の高さを実感している。現時点の集計で75パーセント近くの方がワクチン接種を受けたいとの声がある。」(名古屋市新型コロナウイルス感染症対策室 高倉敦室長)

 回答があったおよそ5000人のうち2割程度が65歳以上の高齢者からでした。

 高齢者には3月中旬から順次、接種に必要なチケットを送付する予定で、名古屋市は現在、チケットの印刷に入る準備をしています。
 

名古屋市新型コロナウイルス感染症対策室 高倉敦室長

接種のスケジュールは詳細が詰め切れず
 名古屋市は接種の会場についても選定作業を進めています。

 「医療機関で受ける個別接種と市が会場を用意する集団接種の2つを組み合わせて接種を進めていきたい。区役所や学校など様々な会場と調整を進めている。」(名古屋市新型コロナウイルス感染症対策室 高倉敦室長)

 市はアンケートの結果を見ながら会場設営の規模などを見定めたいとしています。
 
 ただ、接種のスケジュールは詳細が詰め切れていないようです。

 「65歳以上の高齢者は国から早くても4月1日以降とのスケジュールが示されている。市もそのスケジュールにそって準備している。一般市民についてまだ示されていない。国や県のスケジュールに遅れないよう取り組んでいる。」(名古屋市新型コロナウイルス感染症対策室 高倉敦室長)

 アンケートの期間は9日までです。名古屋市は、結果をもとに接種計画の策定を進める考えで、ひとりでも多くの人に協力してほしいと呼びかけています。

 

これまでに入っているニュース

もっと見る