新型コロナ、愛知で7人死亡 新たな感染者は215人 岐阜でも2人死亡

2021年1月26日 19:28
 東海地方では26日、新たに309人の新型コロナウイルス感染が確認されました。三重県では病院で新たなクラスターが認定されました。
 愛知県では、215人の感染が確認されました。

 このうち、名古屋市で64人、豊橋市で49人などとなっています。

 また、入院していた県内の高齢者7人が死亡しました。

 三重県では、33人の感染が確認されました。

 このうち5人は、「市立四日市病院」の職員や患者らです。

 5人のうち4人は同じ病棟の職員や患者で、この病棟ではこれまでに2人に、感染が確認されていたことから県は新たにクラスターに認定しました。

 岐阜県では、61人の感染が確認されました。

 可児市で16人、岐阜市で8人などとなっています。

 また、入院していた岐阜市と多治見市の80代の男性2人が死亡しました
 

これまでに入っているニュース

もっと見る