岐阜で新たに39人が感染 接待伴う飲食店でクラスター発生

2021年1月25日 18:49
 岐阜県では25日、新たに39人が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

 このうち可児市の20代と30代の男女4人は、可児市内の接待を伴う飲食店の従業員です。

 この飲食店ではすでに利用客や従業員の感染がわかっていて、県はあわせて6人を新たなクラスターに認定しました。

 また、可児市の70代と80代の男女5人は可児市内のデイサービスの利用者で、県は、すでに感染の分かっている利用者や職員を合わせた8人を新たなクラスターに認定しました。

これまでに入っているニュース

もっと見る