ワクチン接種「1年は待ちたい」 街頭取材では「様子見」が大半

2021年1月25日 17:03
 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、ワクチン接種について街の人たちからは、副作用などを心配する声が上がっていました。

メ~テレが行った街頭取材では…

 接種について街の人は。

 「毎日毎日、名古屋市が何人とか、東京都が千人を超えるような数字を聞いていると、どうしてこうなるのか不安。」(90代)

 「積極的に受けたいと思う。一緒に住む祖母にはうつしたくないと思います。副作用がないのかなっていう不安はある」(20代)

 副反応を心配する声はほかにも。

「日本人でも結果がちゃんとこういう風になりますというのが知りたい。接種してから1年とか2年後の状況が気になる。」(20代)

 「実績がないというか、どういう作用があるかわかならいですし、デメリットがはっきりしてないので、1年は待ちたいと思います」(40代)

 街頭取材では28人中、15人が接種について「受けた人たちの様子を見て考える」と答えました。

 ANNが全国の18歳以上の男女1842人(有効回答1063人)を対象にした調査でも、64%の人が『受けた人たちの様子を見たうえで考える』と回答し、「すぐに受けたい」とした人は20%、13%の人が「受けたくない」と答えました。

 厚生労働省によると、副反応について接種した部分の痛みや頭痛、倦怠感などが報告されています。

 また、「健康被害は極めてまれだが避けることができない」とし、生じた場合には予防接種法に基づき、医療費や障害年金などの給付を受けられるとしています。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る