ワクチン接種、一般市民は5月を想定 集団接種会場も検討 名古屋市

2021年1月20日 11:47
 名古屋市が新型コロナウイルスのワクチン接種について、高齢者以外の一般市民向けに開始する時期を、5月中と想定していることがわかりました。

 名古屋市はワクチン接種について、国の方針に従って、来月から医療従事者などに、3月下旬から4月上旬にかけて65歳以上の高齢者に開始します。

 高齢者以外の一般市民については、5月中の開始を想定しています。

 1人当たり2回で自己負担はなく、接種場所は医療機関や市が設置する集団接種会場を検討しています。

 名古屋市はワクチン接種などを盛り込んだおよそ130億円の補正予算案について、きょう議会の承認を経ない「専決処分」を行う方針です。

これまでに入っているニュース

もっと見る