「なかなか入院者数が減っていかない」入院・重症者ともに過去最多 大村知事が改めて呼びかけ 

2021年1月19日 11:47
愛知県の大村知事は、県内で新型コロナウイルスの入院者や重症者が増えているとして、新規の感染者の数を減らすため、改めて県民らに協力を呼びかけました。

「中等症の人、軽症でも高齢者や疾患を持っている人が増えてきているので、なかなか入院者数がすぐに減っていかない状況。新規感染者の数を減らしていくためにも、営業時間短縮の要請にご協力いただきますようにお願い申し上げたいと思います」(愛知県 大村秀章知事 19日)

 愛知県では18日時点で、県内の入院者は720人、重症者は60人で、いずれも過去最多を更新しています。

 大村知事は19日の会見で、入院者の数を減らすために新規の感染者を減らすことが必要だとして、県民とともに、18日から午後8時までの時短営業を要請している飲食店全般に対しても改めて協力を求めました。

これまでに入っているニュース

もっと見る