岐阜県で46人感染確認 関市の病院など新たに4つのクラスター認定

2021年1月18日 20:17
岐阜県では18日新たに、10歳未満から90代までの男女あわせて46人の新型コロナウイルス感染が確認されました。

 新たに感染が確認された人のうち、各務原市の30代の女性は、関市内の病院の看護師で、県はこれまでに感染が判明している、この病院の職員や入院患者らを合わせた6人を新たなクラスターに認定しました。

 このほか、大垣市の高齢者施設の職員や利用者ら9人、神戸町の3つの家族に関連した7人、岐阜市のデイサービスの利用者や従業員12人など、18日新たに3件のクラスターが認定されました。

 また、すでにクラスターに認定されている高山市内の高校の生徒とその家族、合わせて8人の感染が18日新たに判明し、このクラスターの感染者は合わせて41人になりました。

これまでに入っているニュース

もっと見る