愛知県で151人の感染確認 入院患者と重症患者が過去最多に

2021年1月18日 20:33
愛知県では18日新たに、151人の新型コロナウイルス感染が確認されました。17日時点の県内の入院患者と重症患者は、いずれも過去最多となっています。

 18日新たに感染が確認されたのは、名古屋市で43人、豊田市15人、豊橋市で13人、岡崎市と一宮市で8人などとなっています。

 名古屋市の43人のうち、60代から70代の男女4人は、カラオケ店の従業員と利用者でした。

 愛知県内では高齢の男女7人の死亡が確認されました。このうち名古屋市は4人で、80代女性は高齢者施設に入所していて、今月8日に感染が確認された際は中等症でした。施設の医師が女性の死亡を確認したということです。

 17日時点で、県内の入院患者は710人で、このうち重症患者は58人です。いずれも過去最多となっています。

これまでに入っているニュース

もっと見る