• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

レゴランドや名古屋城も人影まばら 緊急事態宣言で初の週末、観光地では

2021年1月18日 16:14
 緊急事態宣言の対象が広がって迎えた初の週末。愛知と岐阜の繁華街や観光施設では人の姿はまばらでした。
 16日(土)午前10時過ぎの名古屋の中心地「栄(さかえ)」。デパートのオープン時間を過ぎ、賑わい始めてもいい時間ですが、人の姿はまばらでした。

 18日(月)からは、名古屋三越栄店も営業時間の短縮を行います。

 ソフトバンクの子会社「アグープ」によりますと、名古屋・栄エリアの16日午前11時時点の人の流れを、1週間前の9日と比較すると、1割ほど減りました。

 観光地では…

 名古屋城は、土曜日の午後にも関わらず閑散としていました。地元の女性は、フランスで暮らす娘が旅立つのを前に一緒に名古屋城を見に来ていました。

 「すごくすいているなと思って。本当に誰もいないじゃない、という感じ。」(地元の女性)

 名古屋城総合事務所によりますと、16日の来場者数は約500人で、1週間前の9日と比べると、約3分の2に減少。

 去年6月の休業明け以降の土日としては最も少ないということです。
 

レゴランドも人出は少なく

レゴランドなども人出少なく
 レゴランドなどのテーマパークや、遊園地もふだんの週末のにぎわいは見られませんでした。  

 岐阜県高山市も観光客はまばらでした。

 観光名所の古い町並みもガラリとしていて、休業の札や張り紙をしている店もありました。

 「自粛しなければいけないという気持ちと、自分らが生活していけないという気持ち。相反する気持ちが複雑です」(土産物店の女性)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る