愛知県151人、岐阜県46人、三重県16人の感染確認 愛知では7人が死亡

2021年1月18日 15:42
 東海3県では18日新たに、合わせて213人の新型コロナウイルス感染が確認されました。
 愛知県では、151人が感染していたことがわかりました。このうち名古屋市が43人、豊田市が15人、豊橋市が13人、岡崎市で8人などです。

 また愛知県内では入院していた80代の男女ら高齢者7人の死亡が確認されました。

 岐阜県では、46人が感染していたことがわかりました。

 三重県では、16人の感染が確認されました。桑名市、四日市市でそれぞれ3人などです。また、今月7日に感染が確認された桑名市の50代の男性が、再び陽性となったことがわかりました。

 東京都では、1204人の感染が確認されました。
 

東海3県の病床使用率と重症者数(17日現在)

 17日時点の東海3県の病床使用率と重症者数です。

 病床使用率は、愛知県は64.4%、岐阜県は64.8%、三重県は61.6%です。

 重症者数は、愛知県は58人で、過去最多です。

 岐阜県は18人で、16日から過去最多が続いています。

 三重県は6人です。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る