藤井聡太二冠が名古屋で対局 朝日杯将棋オープン戦 卒業後も「変わらず愛知を拠点にやっていく」

2021年1月17日 12:00
 愛知県瀬戸市出身の高校生棋士・藤井聡太二冠が17日、名古屋で朝日杯将棋オープン戦の対局に臨んでいます。

 朝日杯将棋オープン戦は持ち時間40分の早指しで行われるトーナメント戦です。

 対局は、国などのガイドラインに沿った感染防止対策をとった上で公開で行われていて、17日午前10時から始まった1回戦の2つの対戦のうち、藤井聡太二冠は大石直嗣七段との対局に臨んでいます。

 藤井二冠は16日、今年の抱負などを語りました。


 《藤井二冠》

 Q高校卒業後は
 今までと変わらず、愛知を拠点にやっていこうと考えている
 
 自分がさらに実力をつけて活躍することで、地元の方に喜んでいただけると思っているので、そういう活躍を目指したいと思う


 藤井二冠は大石七段に勝利し、17日午後、豊島将之竜王との準々決勝に臨みます。

これまでに入っているニュース

もっと見る