愛知県と岐阜県 観光地は来訪者の姿少なく 高山ではすでに休業している店も 緊急事態宣言後初の週末

2021年1月16日 17:56
 愛知県と岐阜県に緊急事態宣言が出されて初めての週末となった16日、各観光地では、観光客の姿は多くは見られませんでした。

 名古屋城は、土曜日の午後にも関わらず、閑散とした様子でした。

 名古屋城総合事務所によりますと、16日の来場者数は約500人で、去年6月の休業明け以降の土日としては、最も少ないということです。

 岐阜県高山市でも、観光客の姿はあまり見られませんでした。

 例年、この時期は雪の景色を見ようと多くの人が訪れますが、観光名所の中橋や古い街並みでは、観光客の姿はみられたものの多くはありませんでした。

 また古い街並みの中には、休業している店もありました。

これまでに入っているニュース

もっと見る