愛知県と岐阜県 緊急事態宣言後初の週末  名古屋の街は人出少なく

2021年1月16日 12:21
 愛知県と岐阜県に国の緊急事態宣言が出されて、初めての週末を迎え、名古屋の街では16日午前、人の姿はまばらにしかみられませんでした。

 愛知県と岐阜県は、14日から緊急事態宣言の対象地域に加わり、名古屋の中心部では16日午前中は家族連れなどの姿は、ほとんど見られませんでした。

 名古屋のデパートや公共施設は、去年4月の緊急事態宣言の際は休業するなどしましたが、今回は今のところ営業時間短縮などの対応にとどまっています。

 飲食店などの午後8時までの時短営業について、岐阜県は16日から、愛知県は18日から、それぞれ要請します。

これまでに入っているニュース

もっと見る