三重県で28人感染 50代男性が死亡 県独自の「緊急警戒宣言」

2021年1月14日 20:39
三重県では14日、新たに28人の新型コロナウイルス感染が確認され、50代の男性1人の死亡が確認されました。

 感染確認は地域別では、四日市市・名張市・伊賀市でそれぞれ4人などとなっています。

 また県内で入院していた四日市市の50代の男性が、13日に死亡しました。県内で23人目の死亡者になります。

 三重県内の新型コロナの病床使用率は59.1%になっています。

 三重県は、隣県の愛知県や岐阜県が国の緊急事態宣言の対象になったことや、県内で複数のクラスターが発生していることなどから、14日に県独自の「緊急警戒宣言」を出しました。

これまでに入っているニュース

もっと見る