コロナ禍での成人式 名古屋市は新成人に検温実施 入場者の制限も

2021年1月10日 12:04
 11日の「成人の日」を前に、東海3県では一部の市町村で10日、成人式が行われています。

 名古屋市昭和区の会場では新型コロナ対策で会場の外で検温と健康状態の確認が行われました。

 名古屋市では全ての会場で式典に参加できるのは原則、新成人本人のみとし、家族や報道関係者は会場への入場を禁止されています。

 昭和区では新成人1006人のうち542人が式に出席しました。

 新成人には式典後の懇親会を控えるようビラが配られました。

 今年の成人式は岐阜市が式典を5月に延期するなど、東海3県でも中止や延期とする自治体がみられます。

 新成人「緊急時短宣言が出る、出ないという状況だが日程通りできてうれしい」
 新成人「中学の頃、しゃべることができなかった人と大人になって話せるだろうと楽しみにしていたが2次会を遠慮するという話になっていて残念」

これまでに入っているニュース

もっと見る