トヨタ自動車元町工場の火事は鎮火 開発棟内の車両から出火か 生産ラインに影響なし

2020年12月21日 16:33
 愛知県豊田市の「トヨタ自動車」の元町工場で火事があり、一時、約300人の従業員が建物内から避難しました。開発棟内の車両から出火したとみられ、生産ラインには影響はないということです。

 21日午後3時ごろ、トヨタ自動車の元町工場で「工場内の建物から黒煙があがっている」と会社の関係者から消防に通報がありました。

 消防によりますと、消防車など14台が出動し、約1時間半後に鎮火しました。今のところ、けが人は確認されていないということです。

 この工場は「クラウン」などを生産する主力の工場で、トヨタ自動車によりますと、車の技術の開発や改良などを行う建物の中にあった車から火が出たということです。

 この火事による生産ラインへの影響はないということです。

これまでに入っているニュース

もっと見る