「第2波」以降3か所目 愛知県で新たに軽症者らを受け入れる施設が運用開始 「豊川グランドホテル」

2020年12月3日 23:14
 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、愛知県は、4日から、軽症者らを受け入れる新たな専用施設を開設します。

 4日からの開設に先駆けて報道陣に公開されたのは、新型コロナウイルスの症状が軽い人や無症状の高齢者らの療養施設として利用する豊川市の「豊川グランドホテル」です。

 最大58の客室で患者を受け入れ、日夜、複数の看護師が常駐します。また、客室の消毒のため紫外線の光を使った装置が、導入されています。

 県内で開設される軽症者らの受け入れ施設は、7月下旬のいわゆる、感染の「第2波」以降、3カ所目になります。

これまでに入っているニュース

もっと見る