職員2人感染の三重県、同僚ら143人にPCR検査 フロアの立ち入りも制限

2020年12月2日 17:20
 三重県では2日、新たに15人の感染が確認されました。地域別では、桑名市で3人、東員町で4人、そのほかの地域で8人です。

三重県庁

 これまでに職員2人の感染が確認されている三重県雇用経済部では、別の職員3人も発熱などの症状を訴えていて、県は雇用経済部などの職員143人にPCR検査を実施します。

 県庁8階にある雇用経済部は、2日から当面の間、感染対策として一般の来庁者の立ち入りを制限します。

 また、すでに感染が確認されていた90代の女性が1日、死亡しました。

 新型コロナによる県内での死者は、8人目です。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る