中部空港のシンガポール便、8カ月ぶり再開 1年ぶりに帰国した人も

2020年12月2日 11:54
 新型コロナウイルスの影響で運休していた、シンガポール航空の中部空港とシンガポールを結ぶ便が、約8カ月ぶりに運航を再開しました。
 中部〜シンガポール便は新型コロナウイルスの影響で3月23日から運休していて、約8カ月ぶりの運航再開となります。

 2日は、仕事で赴任していたシンガポールから一時帰国した人や、留学先からシンガポールを経由して帰省する人らの姿がみられました。

「名古屋便が再開されたことが帰国するきっかけになったので、非常にありがたいです」(赴任先から約1年ぶりに帰国した人)

 運航は水曜日・土曜日・日曜日の週3日で、それぞれ1日1往復します。

 中部空港の国際線はこれまでマニラ便・台北便・ソウル便が再開しています。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る