岐阜県で16人の感染確認 うち14人は感染経路不明

2020年11月26日 19:28
岐阜県では26日新たに、20代から60代までの男女あわせて16人の感染が確認されました。このうち14人は感染経路がわかっていません。

 感染経路が判明した2人のうち、岐阜市の60代女性は既に感染が判明している岐阜中警察署の男性職員の同居家族で、市内の福祉施設の職員です。

 各務原市の20代の保育士の女性は、愛知県で感染が確認された男性の友人で、複数回食事などを一緒にしていたということです。

 一方、感染経路が不明の14人のうち、大垣市に住む20代の男性3人は岐阜協立大学の学生です。

 岐阜市の30代男性は美濃市役所の職員だということです。

これまでに入っているニュース

もっと見る