全国最大級の弥生遺跡・朝日遺跡の出土品など展示する施設 重要文化財の土器や復元された高床倉庫など

2020年11月22日 12:24
 愛知県清須市と名古屋市西区にまたがる全国最大級の弥生遺跡・朝日遺跡の出土品などを展示する施設が、22日オープンしました。

 「あいち朝日遺跡ミュージアム」は、朝日遺跡の魅力を発信しようと、愛知県が5年前から整備を進めてきました。

 館内では、弥生時代の朝日遺跡の生活の様子がアニメ映像やジオラマなどで分かりやすく紹介されています。

 また、国の重要文化財となっている2千点以上の出土品のうち、丸い窓の付いた土器や赤く彩られた土器、勾玉、巴形銅器などが展示されています。

 また、屋外には、高床倉庫や竪穴住居のほか、環濠や貝塚の遺構が復元されています。

 「あいち朝日遺跡ミュージアム」は、入場料300円で、開館時間は午前9時半から午後5時までです。

これまでに入っているニュース

もっと見る