「怖くなって逃げた」ひき逃げされ女性重体 自称作業員の男逮捕 名古屋市港区

2020年11月21日 22:55
 20日夜、名古屋市港区の路上で女性が引き逃げされ重体となっている事件で、50歳の自称作業員の男が逮捕されました。


 過失運転傷害などの疑いで逮捕されたのは港区の自称作業員、谷田剛容疑者(50)です。

 警察によりますと谷田容疑者は20日午後7時ごろ、港区川間町の路上で歩いてた清水登代子さん(87)に車で衝突し、逃げた疑いがもたれています。

 清水さんは病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。

 谷田容疑者は事故後、相談した知人にうながされて警察署に出頭しました。

 調べに対し「怖くなって逃げてしまった」と容疑を認めているということです。

これまでに入っているニュース

もっと見る