東邦ガスの今年上半期の連結決算 コロナの影響で“減収減益”

2020年10月29日 20:58
 東邦ガスの今年上半期の連結決算は、新型コロナの影響で製造業などに対する業務用のガスの販売量が減ったことから減収減益となりました。

 東邦ガスの今年4月から9月までの売上高は2026億円となり、前の年の同じ時期と比べ11.9%減少しました。

 純利益も20.5%減った117億円で、2016年以来の減収減益となりました。

 新型コロナの影響で自動車などの輸出が減少したため、製造業などに対する業務用のガスの販売量が減ったことが原因だということです。

 通期の最終損益の見通しは、前の年から半分近く減り90億円になるとしています。

これまでに入っているニュース

もっと見る