サーフィンの名所・太平洋ロングビーチで津波避難訓練 サイレンや津波フラッグで海から上がるよう呼びかけ

2020年10月24日 11:59
 全国有数のサーフィンの名所として知られる愛知県田原市の太平洋ロングビーチで、津波避難訓練が行われました。

 訓練は、24日午前10時に南海トラフ巨大地震が発生し、大津波警報が発表された想定で始まりました。

 参加した約30人のサーファーらは、サイレンが鳴ると同時に海から上がり、ウェットスーツを着たままビーチを走りました。

 また、監視員らは聴覚障害のある人らに対し、赤と白の格子模様の津波フラッグを使って避難を呼びかけました。

 訓練は例年夏のレジャーシーズン前に行っていましたが、今年は新型コロナの影響で延期になり、この日は訓練内容を縮小して行われました。

これまでに入っているニュース

もっと見る