LCC撤退や運休が続く中…「ピーチ」が12月24日に中部就航を発表 大村知事に報告

2020年10月21日 21:46
 LCC=格安航空会社のピーチ・アビエーションは、今年12月、中部空港に新たに就航すると発表しました。

 格安航空会社、ピーチ・アビエーションの森健明CEOは、21日、愛知県の大村秀章知事を表敬訪問し、今年の12月24日から中部空港と札幌、仙台を結ぶ2つの路線を運航することを報告しました。

 札幌線が1日2往復、仙台線が1日1往復する予定です。

 森CEOは「参入のチャンス、就航のチャンスをずっと狙っていたが一番大きなきっかけは(去年9月の)LCCターミナルの供用開始だった」「中部圏は、観光の魅力があり、自治体と協力してプロモーションに取り組みたい」などとと語りました。

 中部空港を発着するLCCを巡っては、新型コロナウイルスの影響による航空需要の低迷で、エアアジア・ジャパンが事業の継続断念を、ジェットスター・ジャパンが冬ダイヤでの札幌線などの運休を発表しています。

これまでに入っているニュース

もっと見る