「警察官のコバヤシ」3たび現る!封筒すり替えで高齢者のカード盗む 13・14日に続き3件目

2020年10月21日 19:14
 三重県津市で、80代の女性が、自宅を訪問した「警察官のコバヤシ」を名乗る男にキャッシュカードを盗まれ、現金を引き出されました。「コバヤシ」を名乗る同様の手口は10月に入って3件目です。

 警察によりますと20日午後5時ご、津市に住む1人暮らしの80代の女性の家に「警察官のコバヤシ」を名乗る男が訪れ「あなたの口座が犯罪に使われている」と話し、女性に通帳とキャッシュカードを持ってくるように要求しました。

 男は通帳とカードを別々の封筒に入れると「封筒に押印してほしい」と話し、女性は印鑑を取りにその場を一旦離れました。

 その約10分後に、夕食を届けに訪れた女性の親族が、玄関で女性と話していた男に「あなた誰?」と問い質したところ、男は「ちょっと上司と話をしてきます」と言って、その場から逃げたということです。

 男は、やせ型で黒いスーツに眼鏡をかけていたということです。

 親族の通報で駆け付けた警察官が確認したところ、カードを入れた封筒がすり替えられていました。女性が印鑑を取りに行った隙にすり替えたと見られています。

 女性の銀行口座を確認したところ、市内のコンビニのATMから複数回に分けて合わせて約20万円が引き出されていました。

 コバヤシを名乗る男が訪問する前に、女性宅には「銀行職員のヤマモト」を名乗る男から「年金の関係」という名目で電話があり、女性は、住所や名前、銀行の口座番号を伝えていたということです。

 津市内で「警察官のコバヤシ」を名乗る男が、1人暮らしの高齢女性宅を訪れ、通帳やキャッシュカードを入れた封筒をすり替えて盗み取る事件は、10月13日と14日にも起きていて、今月に入り3件目です。

これまでに入っているニュース

もっと見る