名古屋証券取引所も全銘柄の取引停止 東証のシステム障害の影響

2020年10月1日 11:47
 東京証券取引所で発生したシステム障害の影響で、名古屋証券取引所でも1日正午現在すべての銘柄の取引が停止されています。

 名古屋証券取引所では、2010年から現在の東証の売買システムを利用して取引を行っています。

 1日午前9時の取引開始前に東証の売買システムの一部に障害が発生したため、名古屋証券取引所に上場している291の銘柄すべてが取引できない状態になりました。

 今回のようにすべての銘柄が取引できないトラブルは、現在のシステムを利用してから初めてだということです。

 復旧のめどは現在のところ立っていません。

これまでに入っているニュース

もっと見る