名鉄の廃線区間をドローンの専用空路に…配送の実証実験が行われる 愛知県豊田市

2020年9月16日 19:02
 かつて列車が走っていた線路の上空を、ドローンが飛びます。

 愛知県は日用品の買い物が困難な住民への支援を想定した、ドローンによる配送の実証実験を、豊田市で行いました。

 飛行ルートは豊田市中金町から東広瀬町までの約1.9キロで、豊田市が所有する名鉄三河線の廃線区間をドローンの専用空路に見立てました。

 専用空路での飛行はプログラミングされていて、操縦士なしです。

 交通系ICカードを使って配送ボックスの鍵を開けたり、超小型モビリティを使って個人宅まで配送したりする実験も行われました。

これまでに入っているニュース

もっと見る