東海3県で24人の感染を確認 これまでに13人が感染した名古屋市の福祉施設を愛知県がクラスター認定

2020年9月15日 18:58
 東海3県では15日、新たに24人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。

 愛知県では21人の感染が確認され、名古屋市で6人、蒲郡市と豊川市でそれぞれ3人などとなっています。

 また、名古屋市の医療機関に入院していた80代の男性が死亡しました。

 これまでに13人の感染者が確認された名古屋市内の障がい者福祉施設を、県はクラスターに認定しました。

 三重県では、クラスターが発生した鈴鹿厚生病院の看護師で40代の男性1人の感染が確認され、このクラスター関連の感染者は合わせて62人になりました。

 岐阜県では、40代と60代の男女2人の感染が確認されました。

これまでに入っているニュース

もっと見る