宅配便で4回にわたり…70代女性が現金1700万円をだましとられる被害 三重県名張市

2020年8月11日 20:30
 三重県名張市で、70代の女性が現金計1700万円をだまし取られる特殊詐欺事件がありました。

 警察によりますと先月7日、三重県名張市に住む70代の女性の自宅に、銀行員を名乗る男から「投資しませんか」などと電話がありました。

 女性は断りましたが、その数日後、IT企業の「クドウ」を名乗る男から「投資をしていないのに、銀行の投資リストに名前が載っているのは名義貸しで違法だ」と電話がありました。

 女性は、解決費用として現金500万円を要求された後、4回に渡って計1700万円を宅配便で送ったということです。

 送り先には、埼玉県や千葉県の住所が指定されていました。

 女性が今月5日、同居する長男の妻に相談して事件が発覚し、警察が、詐欺事件として捜査しています。

これまでに入っているニュース

もっと見る