官庁街で献血呼びかけ 学校や職場が長期休暇となり献血者が減るお盆の時期を前に 愛知県庁西庁舎

2020年8月5日 11:47
 輸血用の血液が不足がちになるお盆の時期を前に、官庁街で働く職員などを対象にした献血が名古屋で行われています。

 8月のお盆の時期は、学校や会社が長期休暇に入るなどして、献血する人が少なくなることから、愛知県などが名古屋の官庁街で毎年献血を呼びかけています。

 5日は、愛知県庁西庁舎の駐車場に献血所が設けられ、職員らが献血に訪れていました。

 新型コロナウイルスの感染が拡大している今年は、体温測定やマスクの着用などの対策がとられています。

 この献血所は、7日金曜まで開設されます。

これまでに入っているニュース

もっと見る