「名古屋の繁華街避けて」三重県知事と、”愛知県に近い”四日市市・桑名市の市長が呼びかけ

2020年8月2日 18:08
 三重県知事と、四日市市長、桑名市長が新型コロナウイルスの感染が拡大している名古屋市の繁華街への移動を避けるよう呼びかけました。

 三重県は7月26日から1週間の新型コロナ感染者のうち、名古屋市に関連するものが7割を超えています。

 また、名古屋市と生活文化圏を共有する四日市市と桑名市の感染者が半数にのぼるということです。

 鈴木知事は「特に若い世代の人は感染防止対策をいま一度徹底していただき、名古屋市の繁華街への異動は避けていただきたい」と述べました。

 また、桑名市の伊藤市長は「愛知県や名古屋市へ通勤・通学している人に感染予防対策を改めてお願いしたい。愛知県・名古屋市の繁華街での飲み会は謹んでいただきたい」と述べました。

 三重県の2日の感染者数は12人で、2日連続で過去最多を更新しています。

これまでに入っているニュース

もっと見る