大一番に挑む藤井聡太七段 暑さ気になる? 地元は“勝ち星つきパフェ"で応援 

2020年7月9日 14:07
 史上最年少タイトル獲得まで、あと1勝。高校生プロ棋士の藤井聡太七段が、棋聖戦に臨んでいます。

「第91期 ヒューリック杯棋聖戦 五番勝負第三局」主催 産経新聞社 日本将棋連盟

「淡い緑」の羽織で現れた藤井七段。

 渡辺明棋聖との対局です。

 棋聖戦五番勝負では、先に3勝したほうが「棋聖」のタイトルを獲得します。
 

淡い緑の羽織で対局場に

序盤から解説者も驚く激しい展開
 17歳の藤井七段は、すで2連勝中。

 7月19日に18歳の誕生日を迎える藤井七段、この第3局でも勝利すれば、これまでの最年少タイトル獲得記録(18歳6カ月)を30年ぶりに塗り替えます。

 対局開始から約1時間半で、早くも激しい展開に。

「序盤からやたら激しくなりましたね。もう61手目ですか早い!」(解説者)
 

瀬戸蔵(愛知県瀬戸市 9日午前9時半ごろ)

藤井七段の地元ではパブリックビューイング
 この大一番に合わせ、瀬戸市は藤井七段の対局としては初めてのパブリックビューイングを開催。

 朝から市民が集まり、対局を見守っています。

「藤井七段にとっては特別な日ですから、自分の目で見たくて来ました」
「藤井七段は孫の世代。若い人が頑張っている姿はいいなと思います。応援したいです」
 

ソーダ&かつサンド 550円

商店街では応援のスペシャルメニュー登場
 また、市内の商店街にある“猫カフェ”では、藤井七段の必勝を祈願した期間限定メニューが登場しました。

 その名も「ソーダ&勝つサンド」。

「“勝つ”という意味を込めてカツサンド。あとは、お名前の“聡太”にちなんでソーダにしました」(「猫カフェにゃーにゃーにゃー」 佐藤暢晃さん)
 

応援すぺしゃるミニサンデー 480円

 さらに、ミニパフェには、「棋聖」と書かれたクッキーに、棋聖戦で3勝してほしいと、"星型"のナタデココが3つのっています。

 藤井七段が勝利すれば、12日まで提供するということです。

 
 

コンディションを整えたか

対局中の藤井七段「暑い?」
 地元から“熱~い”応援を受ける藤井七段。

 その熱意が伝わったのか、普段と違う様子が見られました。

 対局から30分を過ぎて、早くも羽織を脱ぎ、顔の汗をしきりに拭きます。10時のおやつは「白ぶどうジュース」を選びました。

 昼休みも近くなったころ…

「エアコンの温度を少し下げてください」(藤井七段)

 エアコンの設定温度を下げるよう伝えると、再び、羽織に袖を通そうとしますが…

「どちらが上なのかわからなくなっているんですかね」「大丈夫かな?」(解説者)
 

杉本昌隆 八段(9日午後1時ごろに電話取材)

師匠・杉本昌隆八段はどう見る?
 対局を見守る師匠の杉本八段に、午後1時ごろ、この様子について電話取材すると…

「きょうは気温が高いのか、もしかして和服が暑いのかなと思いました」

「対局自体は非常に展開が早くて、先手番となった藤井七段の明らかな研究手順だと感じます。同時に、渡辺三冠も差し手が早い。これも、藤井七段の作戦をある程度予想していたと思われます」

「きょうの勝負は両者にとって大きいので、簡単に決着がつくとは思えませんね」(杉本昌隆 八段)


(7月9日15:40~放送『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る