1964年 東京五輪の聖火ランナーが像を建立「感動を味わってほしい」 三重

2020年3月29日 18:54
 56年前の東京オリンピックの聖火ランナーの像が三重県南伊勢町に作られお披露目されました。

 聖火ランナーの像は、1964年の東京オリンピックで聖火ランナーとして走った南伊勢町の田岡正廣さんがオリンピックの感動を後世に伝えようと建てました。

 来月予定されていた三重県での聖火リレーに合わせて像を作り盛り上げようとしたところオリンピックの延期が決まりました。

 田岡さんは「夢が1年先送りされただけ。オリンピックが開催されることはいいこと。来年の聖火リレーでも多くの人に感動を味わってほしい」と話していました。

これまでに入っているニュース

もっと見る