-このページは放送時のものです-

ホットショット HOTSHOT

キャスト

  • 東方翔(ジェリー・イェン)22歳 霹靂大学三年編入生
    戦神
    184cm
    SF(スモールフォワード)

    東方グループ総裁の一人息子にして第一の継承者。美男子で寡黙。自ら人の輪に入り込もうとしないためか、遠くから冷静に物事を傍観するタイプ。ひとたび口を開けばズバリと的確に指摘し毒舌ぶりを発揮する。
    大学1年から「不敗軍団」の異名を持つ玄武大学のバスケットボール部でフォワードをつとめ、全国大学リーグC.U.B.A.のチャンピオンに輝き、2年連続MVPに選出される。バスケットボールの頂点を極めたのち、3年生で突然名門校を去り、企業管理を学ぶため「スポーツ砂漠」と称される霹靂大学へ編入、話題となる。霹靂大学で大鷹と出会い、長年胸に秘めていた幼なじみ湛潔児への感情を初めてさらけ出す。同時にチャレンジ精神にも火がつき、再度ユニフォームを着てC.U.B.A.の舞台に立とうと決意する。

  • 元大鷹(ショウ・ルオ)21歳 霹靂大学一年生
    大将
    179.9cm(自称180cm)
    PF(パワーフォワード)

    バスケットボールは全くの素人だがスターダムにのし上がることを夢見る。バスケット部に入部すれば姚明のように身長が伸び、179.9センチの自分と永遠にサヨナラできると思っている。
    バスケットを愛してやまないものの、祖母がボールに触らせようとしないため、密かに練習していた。当初はドリブルさえ満足にできなかったが、長年山林を飛び回り動物を捕まえていた野生児のため、練習を重ねるたびに超人的な跳躍力と身体能力を見せる。特に勝手にライバルと決めつけた東方翔から刺激を受けることで、バスケ素人は驚異の進化を遂げ続ける。ボールキープ力、跳躍力そしてリバウンド力により、大学バスケット界で最も身長が低く最も爆発力あるパワーフォワードへと成長する。
    幼い頃から自然の中で祖母と助け合って生きてきた大鷹は、自信過剰で行動力があり悪知恵も働く。時々常軌を逸脱し、一度暴れだしたら誰にも止められない。趣味はニックネームをつけること。

  • 無極尊(ウーズン)22歳 東方朔旗下の「天生無極チーム・キャプテン」
    闘魂
    184cm
    SF(スモールフォワード)

    本名は西門尊。高校バスケットボール界で無数の記録を打ち立てたスーパープレイヤー。その実力は当時の東方翔も遠く及ばず、多くのNBAのスカウトが争奪戦を繰り広げたほど。だが無極尊は忽然と姿を消すのだった…。大鷹が霹靂チームを去ったあとに、大鷹のポジションを埋めるためチームに特別に加わる。そのパフォーマンスはバスケットの神の領域にまで到達しているだけでなく、大鷹の生まれつきの才能をも擁する。実力・身体能力ともに完成された選手であることから、無極尊の異名をとる。東方朔の押し進める計画の重要なキーマンとなっている。

  • 湛潔児(チョウ・ツァイシー) 19歳 霹靂大学一年生 学生会幹部

    東方翔の幼なじみ。純真で活発、正義感にあふれる善良な女の子。父親が東方グループ総裁の運転手だったことから東方家で育つ。「坊ちゃま」の東方翔を雲の上の存在とし、東方家とは一線を画していた。ようやく東方家を離れ霹靂大学に入学したが、東方翔が編入してきたことで、またも彼のそばにいることになる。
    成績優秀なので入学してすぐに学生会の幹部に選ばれる。学生会でバスケット部の活動を牽制するような動きがあるにつけ、バスケット部の根性に感動し影ながらチームを助けるが、元大鷹と東方翔の間の亀裂を招いてしまう。

  • 無極威(胡宇蟠エ)21歳 「天生無極チーム」所属

    無極尊の弟。兄と同様に天賦の運動神経を持つため、無極尊と共に東方朔のチームに加わる。実力・テクニックともにずば抜けているが、その後の特訓によりさらにバスケットの技に磨きをかけた。物静かな無極尊とは対照的に、負けず嫌いの自信家で、兄を除けば自分は誰にも負けないと自負している。後に兄が東方翔に注目することから、無極威もまた東方翔を特に気にかけるようになる。

  • 李贏(ココ・チャン)25歳 霹靂大学バスケットボール部監督

    アメリカのスポーツ理論課程に留学した才女で、霹靂大学学長・李子平のひとり娘。長い髪にすらりとしたスタイル、繊細そうな外見とは裏腹に、内面には激しい情熱を秘めた女性。バスケット界の「Winner(勝者)」との異名を持つ。何事も欧米スタイルで部員たちを激励している。ゲームでは奇策も用いるチームの要。
    病気を患いNBAコーチを辞めて帰国するも、芽の出ない霹靂チームと出会い、彼らを一流チームに育て上げようと誓う。チームの成長とともにチームを愛するようになる李贏だが、病気が再発し一時チームを去ることになる。
    愛情面では恵まれなかったが、自然児の大鷹に出会い、彼の純粋さとバスケットへの情熱、そして潔児への一途な思いを見守るうちに、徐々に特別な感情を抱いていく…。

  • 李子平(クー・パオミン)48歳 霹靂大学学長

    霹靂大学学長。学校の理念を厳しく遵守し教育を重視する。生徒たちに積極的に学科競技に参加させ、華々しい成果を挙げる。だがスポーツ活動には全く関心がない。
    外見は厳格だが、実は意外にも感激屋であり、時には理屈にかなわない行動を起こすことも。
    当年、元大鷹の祖母と愛情をはぐくんだ父親・李天より、将来金の線をふちどったバスケットボールを持つ人物が現れた際には面倒をみるよう遺言を受けていた。そのボールを持って現れた男こそが大鷹だったのである。
    大鷹にはかなりの不満があるものの、徐々に彼の情熱と純粋さの影響を受け李子平の価値観も変わっていく。

  • 鉄蘭(馬之秦)63歳 大鷹を育てた祖母

    若いころは女子バスケットボールのスター選手であったが、ある理由で足を負傷しバスケット界から引退する。
    大鷹には非常に厳格で、バスケットボールを禁止した。大鷹がボールに触れるだけで、彼がどんなスピードで逃げようとも必ず追いつくという脅威の脚力を持つ。
    死ぬ間際に大鷹がバスケットボールをすることを許し、自分が元バスケットボール選手だった事実を告げる。この祖母の遺言と形見こそが、大鷹のバスケットボールに賭ける情熱の動力となるのであった。

  • 東方父(趙樹海)48歳 東方グループ総裁

    東方翔の父親で、東方グループのCEO。
    幼い頃から東方翔に目をかけ、総裁の跡を継がせたいと希望している。東方翔にバスケットの才能を見出してからは、バスケットの頂点を極めるべく後押しするが、彼が反発してスポーツ砂漠と呼ばれる霹靂大学へ勝手に編入したために、大きく失望する。

  • 老路(雲中岳)45歳 東方家の執事

    長年東方父のそばで仕えてきた執事。通常は喜怒哀楽を表に出さないが、主人の要望をすぐに実現するやり手である。
    成長を見守ってきた東方翔に対して親に近い情を抱いており、東方父が服従させようとしたときも、東方翔が自分の意思を遂げるように助けることも。
    自身もかつてはバスケットボールプレイヤーであり、なんと霹靂チーム全盛期時代の部員であった。現在のスポーツの砂漠と成り果てた霹靂大学の情況を嘆いている。

  • 湛父(陳博正)45歳 東方家の召使い

    湛潔児の父親。若いころから東方父から目をかけられている。東方父への恩義を感じているため、喜んで東方家に仕えるが、東方父も彼を家族のように思っている。
    潔児が東方翔に心を寄せることを恐れ、東方翔との接触を避けるようにといつも娘に言い聞かせている。

  • 杜飛(張雁名)20歳 霹靂大学二年生
    鬼狼(モンスターウルフ)
    PG(ポイントガード)

    中学時代にマイケル・ジョーダンに魅せられバスケットを始めたバスケットオタク。国内外の有名選手のプロフィールをそらんじ、バスケのうまい選手を見ると熱い視線と惜しみない賛美を送る。そのため、試合の相手に崇拝対象がいる場合は、敵と味方の区別がつかなくなってくることも。
    最大の趣味はバスケット選手のサインを集めること。一番の自慢のコレクションはマイケル・ジョーダンの直筆サインと一緒に撮ったエジプトでの周遊写真(自分で合成した)。
    元大鷹が霹靂大学に入学する前はバスケットボール部を切り盛りしていた努力家。単純だが人は良く、他人を褒め称えるのが上手で相手を感動させる。敵の長所を観察することにすぐれている。得意技はスリーポイントシュート。

  • 齊嘯雲(林伯蠖・)21歳 霹靂大学三年生
    火狼(ファイアーウルフ)
    SG(シューティング・ガード)

    コート上では「ファイアードラゴン」の異名を持つ。高校三年のリーグ戦で、チームメイトを殴ったため退場処分となり、バスケットを一度やめるが、奇しくも「スポーツ砂漠」と称される霹靂大学で再度大好きな道を歩み始めることとなる。
    怒りっぽくて自分に対する要求も高く、目標に達するまで決して諦めない。一度目標を決めたら、必ず自分の力でやり遂げようと一直線に挑み続ける男。
    弟の齊嘯雨とはコード上で息の合ったプレイを展開する。

  • 齊嘯雨(林祺泰)21歳 霹靂大学三年生
    蒼狼(アイスウルフ)
    C(センター)

    兄・齊嘯雲とそろって気が荒い。2人が出場すると決まって暴力沙汰。口下手だが義理堅い。兄の一言があれば、どこまでも努力する頼もしい存在。

  • 林紫迺〟i鮟・N渟)21歳 霹靂大学三年生 学生会会長
    紫魔女(パープルウィッチ)

    現学生会会長。美人で、即断即決型。自分の気持ちに非常に正直である。学校が最高栄誉を勝ち取ることを目標としており、学校の栄光となる能力をもつ人間には支持を惜しまない。霹靂バスケットチームの結集時には興味を持つも、実態を知り見放していた。だが、チームが努力し成長する姿に感化され、学生会を率いてバスケットチーム最大の応援団を結成する。
    徐々に大鷹の素朴さと純粋さに魅かれ始める。

  • ガリア(李佳鬩梶j23歳 超大型ストリートバスケットプレーヤー

    巨漢のガリアは、モンゴル相撲の横綱出身であり、身長はなんと2メートルをこえる。何度も向陽大学監督から誘いを受けるが断ってきており、現在ストリートバスケのキングとして君臨する。
    巨漢だが、軽快なプレーで相手を翻弄する。東方翔もマッチアップで苦戦を強いられた強敵である。

  • 殘(マイケル・チャン)22歳 足に障害を持つ謎のプレーヤー

    東方翔の幼い頃のバスケットボール仲間。ある事故で足が不自由となりギブスをつけている。このため東方翔を恨んでおり、彼を倒すことを唯一の目標としている。厳しい練習を課しバスケの技を磨くだけでなく、敵を痛みつけることにも快感を覚える。ストリートバスケット出身。足に障害が残るもののプレーに影響はなく、特殊な技で相手にボールさえ触らせないという恐ろしい選手である。東方翔が罪悪感を持つと同時に心から恐れるライバル。

  • 東方朔(王菫黴€)75歳 東方グループの影の支配者 無極チームのオーナー

    東方翔の祖父。執着心が強く目的のためには手段を選ばない冷酷なビジネスマン。バスケットには尋常なまでの情熱をそそぐ。すでに企業経営を息子に譲ってはいるが、いまだに事実上の支配者であり、息子の東方父に対しても絶対服従を求めている。東方翔に対しても幼いころから厳しく、特にバスケットの練習については大変厳格である。

  • 唐龍(卜學亮)45歳 NBAコーチ団の専属トレーナー

    アメリカのスポーツ界の伝説の人物のひとり。最初はアメリカンフットボールリーグに所属し選手に針治療を施していたが、計らずも新しい特技が開花した。独特の中国カンフーを操り、すばやい瞬間移動だけでなくいかなる強い衝撃も回避できる。当時アメリカンフットボールリーグでも最も精強なクォーターバックたちを一瞬で倒したという伝説がある。外見は厳粛でバスケットとは無縁のように見えるが、実は力を自在に操る達人であり、その特殊な力ゆえに李贏から霹靂チームの潜在能力を発掘して欲しいとの要請を受ける。