-このページは放送時のものです-

イ・ユノ (声:羽多野 渉)
16歳。ジュナ×ヘミ夫妻の次男で、高校1年生。抜群のルックスに引き締まった肉体、スポーツ万能な上、腕っ節が強くケンカでは負け知らずのモテ男。成長が早く、1年飛び級したが、脳ミソまで筋肉のため、理論的思考能力はゼロ。話の飲み込みが遅く、物事を筋立てて説明するのが苦手で、話に擬音が入りまくるのは漫画の影響か。勉強嫌いで授業はサボってばかり。学校で禁じられているが、先輩から借りたバイクを乗り回す問題児。優秀な兄と比較されるのが面白くなく、「兄さん」と呼ばず、タメ口をきいている。度々女子に言い寄られるが、意外にも硬派で、恋愛は一途、二股は問題外。ドジばかりの担任ミンジョンをいじめて楽しんでいるが・・・
チョン・イル1987年9月9日生まれ。身長183cm、体重63kg、O型。06年、映画『静世かな世界』でキム・サンギュンの子役としてデビュー。今作に抜擢され、2007MBC芸能大賞シチュエーションコメディ部門新人賞を受賞。新世代の最優良株として期待され、07年には『ゴースト・ハンター(原)』、『私の恋』と立て続けに2本の映画に出演。また、長編ミュージックビデオ『Goodbye Sadness』(07年)で2007年Munet KM Music Festival MV演技賞を受賞。
イ・ミノ (声:浦田 優)
17歳。ジュナ×ヘミ夫妻の長男で、弟ユノとは年子の同級生。成績は学年トップ、イ家自慢の優等生で、とりわけスンジェとヘミの期待と寵愛を受けている。知能犯で抜け目なく、家族の企みを陰で操る策士的存在。弁が立ち、相手を知らぬ間に丸め込んでしまう才を持つ。一方で、体が弱く、運動は苦手。ユノに比べ、身長が低く、体格も貧弱なことにコンプレックスを抱いている。隣に越してきたユミに一目惚れし、どうにか気を引こうとするが、結局は言いなりになってしまう小心者。カリスマを目指し表情の研究をするが、童顔のためいまひとつ迫力に欠けている。ややマザコンの気があったが、最近親離れしつつある。
キム・へソン1988年1月14日生まれ。身長172cm、体重59kg、O型。インターネットの「オルチャ(最高のルックス)」サイトで話題となり、05年の映画『ジェニ、ジュノ』でいきなり主演デビュー。明るく天真爛漫な中学生を好演した。続く、06年には映画『暴力サークル』に出演。08年は同性愛を題材にした映画『少年、少年に会う』の主人公に配役され、年内公開予定である。
イ・ジュナ (声:堀内 賢雄)
43歳。イ家の長男。証券会社をリストラ後、在宅の株式投資家に。が、稼ぎはゼロに等しく、一日中家でゴロゴロしている。口癖は「腹、減った」で、常に何かを食べている。涙もろく感動屋。あまり考えずに行動するため、騙されやすい。所構わずオナラをし(しかも臭い)、迷惑がられている。基本的に楽天家だが、悩みがあるとすれば、頑固な便秘。
チョン・ジュナ1971年3月18日生まれ。お笑い芸人として活躍する傍ら、昨今ではコメディ俳優としても引く手あまたの人気スター。主な出演作にドラマ『いつか楽園で!』(04年)、『新入社員 SUPER ROOKIE』(05年)、映画『誰にでも秘密がある』(04年)、『家門の危機』(05年)、『家門の復活』(06年)など。
パク・ヘミ (声:小山 茉美)
45歳。ジュナの妻で漢方医。学があり合理的考えの持ち主。自分では妻として母として、また嫁としても完璧だと信じている。一家でスンジェに意見できる唯一の人物で、事実上イ家のリーダー。人の話を聞かず途中で口を挟んだり、カラオケでコーラスを入れながら他人の歌に割り込むなど、自己中心的な性格。表現が大袈裟で演劇的。口癖は「OK」
パク・ヘミ1965年1月28日生まれ。梨花女子大学声楽科卒業。84年、ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』でデビュー。以後、ミュージカル女優として数々の舞台に立つ。今作をきっかけに、『神様、お願い』(06年)、『銭の戦争ボーナスラウンド』(07年)などTVドラマにも出演。
イ・スンジェ (声:内海 賢二)
70歳。イ家の家長。家長としての権威にこだわり、家族が自分に報告なしに行動すると蹴り飛ばす。一方で、おだてに弱くその気になりやすい単純な性格で、孫達にいいように利用されることも。漢方院の院長だが、腕はやや怪しく、院内の実質的な主導権は同じ漢方医の嫁ヘミに握られている。お金が大好きで、趣味は株だが、儲かったためしはない。
イ・スンジェ1935年10月10日生まれ。ソウル大学哲学科卒の知性派俳優。ドラマから映画、舞台と幅広く活躍し、国会議員として政治活動を行っていた時期も。主な出演作にドラマ『ホ・ジュン』(99年)、『商道』(01年)、『ランラン18歳』(04年)『イ・サン』(07年~)、映画『恋の罠』(06年)など。
ナ・ムニ (声:火野 カチコ)
68歳。スンジェの妻で専業主婦。底なしの胃袋と恐るべき怪力の持ち主で、この遺伝子を受け継ぐ息子ジュナとは特に仲良しコンビ。賢く堂々とした嫁に、何かと指示されることに不満を抱き、時折ヒステリーを起こして周囲を驚かせる。友達に嫁の悪口を吐くのが唯一の楽しみ。おしゃべりで、嬉しいことがあると皆に話したがる分かりやすい性格。
ナ・ムニ1941年11月30日生まれ。61年にMBC文化放送の声優として芸能界入りし、TVの普及に伴い俳優へ移行。芸歴40年以上を超えるベテラン女優。主な出演作にドラマ『商道』(01年)、『私の名前はキム・サムスン』(05年)、『グッバイ・ソロ』(06年)、映画『ユア・マイ・サンシャイン』(05年)など。
イ・ミニョン (声:津田 英佑)
27歳。イ家の次男で、プンパ高校の体育教師。学生時代の後輩シンジと結婚し一児をもうけるが、スピード離婚。実家に出戻るが、スンジェの逆鱗に触れ、屋根裏部屋で隠れるように暮らす。他人に関心がなく皮肉屋だが、根は優しく、黙って人の世話を焼くタイプ。天敵は兄嫁。遅刻魔。
チェ・ミニョン1977年4月20日生まれ。身長186cm、体重70kg、A型。96年、青少代年向けドラマ『新世報告 大人たちにはわからない』でデビュー。『ストック-君に贈る言葉』(01年)で主演を務め、人気を集める。主な出演作にドラマ『ノンストップ3』(03年)、『ひとりじゃない』(04年)など。
シンジ (声:宇乃音 亜季)
26歳。CMソング歌手で、ミニョンの前妻。気まぐれで、思いついたら即行動の大胆な性格。ある日突然、作曲の勉強がしたいと言い出し、幼子を置いて、ロシア留学へ。何かと人騒がせな元嫁で、義姉ヘミとは犬猿の仲だが、姑ムニとは意気投合。CMデビュー作は、「おじいさんの王豚足」。
シンジ1981年11月18日生まれ。身長165cm、体重46kg、AB型。98年、高校2年の時に、ダンス音楽グループ「コヨーテ」のボーカルとしてデビュー。現在まで9枚のアルバムを発表、数々のヒットを飛ばす。現在は無期限のソロ活動中。今作で本格的演技に初挑戦。
ソ・ミンジョン (声:根谷 美智子)
27歳。プンパ高校に赴任した英語教師で、ミノ、ユノのクラス担任。高校時代の友人であるシンジの家に同居している。威厳がなく、気弱なため、生徒たちに甘く見られがちなのが悩み。特技は何もないところで転ぶことと忘れ物。同僚のミニョンを本気でブラッド・ピットに似ていると思っている。
ソ・ミンジョン1979年7月11日生まれ。身長164cm、O型。梨花女子大学法学科卒の才女。00年、ケーブル放送NTV『音楽天下』のVJとしてデビュー。女優としては、ドラマ『その夏の太陽』(05年)、『愛と野望』(06年)、映画『ジェニ、ジュノ』(05年)などに出演。今作終了後に結婚、現在は芸能活動を休止している。
キム・ボム (声:須藤 翔)
16歳。スンジェの友人の孫で、ミノの親友。幼いころから出入りしているイ家は、勝手にやってきて冷蔵庫を開け、勝手に寝ているなど我が家も同然。学校でも同じクラス、隣の席で常にミノと一緒にいるため、ミノのことなら何でも知っていて誰よりもミノを愛している。が、同性愛者ではない。
キム・ボム1989年7月7日生まれ。身長179cm、体重62kg。06年、KBSサバイバルスターオーディションでデビュー。同年、ドラマ『イヴの反乱』で、注目を集める。ドラマ「エデンの東」でソン・スンホンの高校時代役に抜擢された。さらに、韓国版『花より男子』では、F4の西門役にキャスティングされるなど、今後の活躍が期待される。
カン・ユミ (声:嶋村 侑)
ヘミの友人の娘で、イ家の隣に引っ越してきた美少女。ミノが一目惚れし、ガールフレンドになるが、ユミの本心は不明。都合が悪くなるとトボケてごまかす。言動に謎が多く、感情が読みにくい。学校の成績はユノと同等。彫刻家の父もサイコチックで得体が知れない。
パク・ミニョン1986年3月4日生まれ。身長164cm、O型。05年、個人HPが芸能係関者の目に留まり、芸能界入り。モデルとして活躍後、今作で本格的に俳優デビュー。チョン・イルと共に2007MBC芸能大賞シチュエーションコメディ部門新人賞を受賞した。07年にはドラマ『アイ・アム・セム』で主演級に配役。次世代CFクイーンとして数々のCFに出演している。
ファン・チャンソン (声:染谷 龍将)
16歳。プンパ高校1年生。スンヒョンとつるんで授業をサボっては、担任のミニョンからも体罰を受けている。おしゃれとナンパに余念がなく、夢はラップ歌手。
ファン・チャンソン1990年2月11日生まれ。身長183cm、体重73kg、B型。06年、SBSスーパースターサバイバル出身。ケーブル放送Channel〔V〕の番組VJを経て、今作でTVドラマ初出演。現在、Mnetの新人育成番組「熱血男児」に出演、歌手デビューをかけて奮闘中。
スンヒョン (声:小松 史法)
16歳。プンパ高校1年生。自称「番長」で、ユノをライバル視しているが、やられてばかり。反抗的だが、口先ばかりで、担任のミニョンの体罰を受ける日々。
スンヒョン1986年1月26日生まれ。身長184cm、体重72kg。06年、ドラマ『愛したい』でデビュー。他に、ケーブル放送制作ドラマ『秘密の校庭』に出演。TVCFなどでも活躍中。