Introduction

前シーズンラストで宿敵ウォー・ファットの策略により、知事殺害容疑で逮捕されたスティーヴ。そしてコノもまた、窮地に立たされる。
ダニーは警官に復帰したチンと共にスティーヴを救うため、彼の元上官で、彼の父とも親交のあった海軍少佐ジョー・ホワイトの力を借りることに。 果たして「ファイブ・オー」は解散の危機を乗り越えることが出来るのか!?

Cast

スティーヴ・マクギャレット

チーム“Five-o”リーダー/海軍将校

スティーヴ・マクギャレット (アレックス・オローリン)

テロリストに父を殺され、ハワイへ帰郷。 ハワイ州知事の依頼で特別捜査班“FIVE-O”を指揮しながら、父の死に隠された謎を追う。 直情的で、ダニーとも衝突し合うが、正義感が強く、捜査能力も高い。

ダニー・“ダノ”・ウィリアムズ

チーム“Five-o”メンバー/刑事

ダニー・“ダノ”・ウィリアムズ (スコット・カーン)

再婚した元妻がハワイに連れて行った一人娘を追い、ニュージャージーからホノルル警察に転任。ハワイの生活に馴染めず、ビーチでネクタイ姿を貫いている。 向こう見ずなスティーヴと口喧嘩が絶えない。

チン・ホー・ケリー

チーム“Five-o”メンバー/州警備員

チン・ホー・ケリー (ダニエル・ディ・キム)

汚職容疑の濡れ衣を着せられた元刑事。警察で一緒だったスティーヴの父とは深い信頼関係で結ばれていた。幅広い人脈を駆使した情報収集力で、チームに貢献。

コノ・カラカウア

チーム“Five-o”メンバー/新人警官

コノ・カラカウア (グレイス・パーク)

プロサーファーを怪我で引退した後、ポリスアカデミーに入学した、チンのいとこ。潜入捜査の功績が認められ、卒業寸前にメンバー入り。男性顔負けの度胸と腕っ節の強さで、あらゆる事件に立ち向かう。

ロリ・ウェストン

国土安全保障省から派遣された元FBI分析官

ロリ・ウェストン (ローレン・ジャーマン)

デニング新知事から任命され「FIVE-0」チームに新加入。 チームの子守役を押し付けられたと不満に感じていたが、「FIVE-0」の仲間たちと捜査に熱中するようになる。

Episode

#1
ゆるぎない絆(Ha'iole)

#1
ゆるぎない絆(Ha'iole)

マクギャレットはハワイ州知事殺害容疑で逮捕され、コノは保管庫への不法侵入で停職と、絶体絶命のファイブ・オー。そんな中、ダニーはマクギャレットの元上官で海軍少佐のジョー・ホワイトに助けを求める。

#2
二人の母(Ua Lawe Wale)

#2
二人の母(Ua Lawe Wale)

コノの処分が決まらない中、知事の命令でロリ・ウェストンという分析官がファイブ・オーに加わる。マクギャレットはロリをうとましく思うが、一緒に少女誘拐事件を捜査することに。誘拐されたジェンには先天性の病気があり、早く薬を飲ませないと命にかかわるという。

#3
狙われたシールズ(Kame'e)

ホワイトがハワイに異動することが決まり、喜ぶマクギャレット。その矢先、シールズに所属するガルシアがジャングルで死んでいるのが発見される。自殺と断定されるが、ガルシアの人柄を知るホワイトはそれを否定。再捜査を開始すると、不審な点が浮かび上がる。

#4
海に眠る宝(Mea Makamae)

#4
海に眠る宝(Mea Makamae)

海に沈んだ財宝を探す超一流のダイバー、ブレイク・スペンサーの遺体の一部が発見される。彼の部屋からは、伝説の財宝といわれるプリンセサ号の金貨が見つかり、財宝を狙った犯行かと思われた。やがて、海の中に何十年も眠っていた真実が明らかになる。

#5
清算(Ma'ema'e)

#5
清算(Ma'ema'e)

悪い連中とつきあうようになったコノのことを心配するチン。しかし、コノはそんな彼を突き放す。そんな中、大学女子バレーのコーチが殺される事件が発生。事件を追うチンの前に現れたのは、なんとコノだった。ついにコノは、ファイブ・オーに追われる立場になってしまう。

#6
グッド・ファイト(Ka Hakaka Maika’i)

#6
グッド・ファイト(Ka Hakaka Maika’i)

ハワイに「NCIS:LA」のケンジー・ブライ捜査官がやってくる。読唇術が得意な彼女の支援で、ウォー・ファットの事件が進展する。そんな中、レストラン経営の実業家ジェイク・グリフィンが、自宅のプールで殺される。高級住宅地を狙う強盗グループの仕業と思われた。

#7
ハロウィーンの亡霊(Ka Iwi Kapu)

#7
ハロウィーンの亡霊(Ka Iwi Kapu)

ハロウィーンの夜、ハワイの古代の埋葬地ヘイアウで2人の若者の死体が発見される。2人は伝説の幽霊戦士の姿を撮影しようとしていたことが判明。被害者の眼鏡からグレッグ・ストレイサンという男の指紋が検出されるが、グレッグは故人で、すでに埋葬されていた。

#8
ある捜査官の死(Lapa'au)

ハワイの海にセスナ機が墜落する。中からは入国・税関取締局の新人捜査官、モニカ・ジェンセンが遺体で発見された。検死の結果、モニカは毒殺されていたことが判明し、殺人事件として捜査がスタート。仕事熱心な彼女は、独自にある捜査を進めていたことがわかる。

#9
アイデンティティー(Ike Maka)

不審な車を追跡していた警察が、コンテナの中に大量の盗難車を発見する。その中の一台から男の遺体が見つかるのだが、男は整形手術を受けたばかりで元の顔がわからず、手術を施した病院でも偽名を使っていた。被害者の身元がまったくわからず、捜査は難航する。

#10
偽りの希望(Ki'ilua)

#10
偽りの希望(Ki'ilua)

記者のベサニー・モリスが自宅で殺される。最近は大手運送業者の不正を暴き、脅迫を受けていたという。そんな中、ジェナがマクギャレットのもとを訪れ、一緒に北朝鮮に行ってほしいと頼む。婚約者のジョシュがそこで拘束されており、彼の命を助けたいというのだ。

#11
罠(Pahele)

3日前に大量のコカインを押収したファイブ・オーは、大勢の報道陣の前でその活躍を賞賛される。そんな中、16人の子供たちを乗せたバスが男女2人組に乗っ取られる事件が発生。犯人たちが要求したのは身代金ではなく、ファイブ・オーが押収したコカインだった。

#12
消せない希望(Alaheo Pau’ole)

#12
消せない希望(Alaheo Pau’ole)

古い掩蔽壕(えんぺいごう)の洞窟から、胸を撃たれて仮死状態の中年男性が発見される。男の名はデニス・アーチャー。数日前にアリゾナからやってきて、ある金髪の女性を探していたことがわかる。一方、マクギャレットとジョーは“シェルバーン”の件で対立する。

#13
裏工作(Ka Ho’oponopono)

女子高生のエミリーが、自宅のベッドで殺される。エミリーは問題を起こすタイプではなかったが、最近父から5000ドルもの小切手を盗んだという。一方、ジョーはヒロ・ノシムリの死をめぐり警察とヤクザから追われることに。2つの事件には、隠された真実があった。

#14
消えた小包(Pu'olo)

#14
消えた小包(Pu'olo)

貨物トラックが強盗に襲われ、積荷リストに載っていなかった謎の荷物が盗まれる。消えた小包は大きな犯罪へとつながっていた。一方、マクギャレットは、ジョーの身を心配し、密かに尾行を続ける。そしてとうとう“シェルバーン”の正体が明らかになる。

#15
過去から来た男(Mai Ka Wa Kahiko)

#15
過去から来た男(Mai Ka Wa Kahiko)

連邦保安官が、犯人を護送中の機内で殺害される。犯人ペインターは、乗客の1人リック・マグワイアと共に逃亡。事件を追うファイブ・オーは、やがて男の狙いがダニーとその家族であることを知る。しかし気付いた時は既に遅く、グレイスは男に連れ去られていた。

#16
捜査の代償(I Helu Pu)

#16
捜査の代償(I Helu Pu)

高級ホテルで知事のチャリティーパーティーが開かれるが、最中に若い女性が殺害される。そんな中、ある金持ちの既婚男性が容疑者として浮上するが、その男は友人を頼ってロシア総領事館へ逃げ込む。

#17
ハワイの戦士(Kupale)

#17
ハワイの戦士(Kupale)

古代ハワイの戦士の格好をした男が、古代の武器で首を切られジャングルの中で息絶える。男の名はブランドン・コルーバ。歴史を愛する彼は“伝統戦士の会”のメンバーで、その日は仲間たちと古代の闘いを再現する定例のイベントに参加するはずだったという。

#18
ラジオDJ殺人事件(Lekio)

#18
ラジオDJ殺人事件(Lekio)

船を使った海賊ラジオのDJで、カルト的な人気を誇るボビー・レインズが番組放送中に殺される。容疑者に元刑事のトニーが浮上するが、ひょんなことからトニーとファイブ・オーの合同捜査が始まる。

#19
ダイヤの行方(Kalele)

#19
ダイヤの行方(Kalele)

マクギャレットの妹メアリーが、2千万ドル相当のダイヤを密輸しようとして逮捕される。聞けば、友人のアンジェラを人質に取られて、見知らぬ男に密輸を命じられたという。そして、捜査の途中で警察の車両が襲われ、証拠品のダイヤが盗まれる。

#20
捨てられた記憶(Ha’alele)

#20
捨てられた記憶(Ha’alele)

かつてハワイを震撼させた連続殺人鬼“トラッシュマン”と同じ手口で、若い女性が殺害される。ところが、犯人のリチャード・ブランチはすでに逮捕され、終身刑で服役中だった。真犯人は別にいると主張するマックスの熱意に押され、再捜査が始まる。

#21
拘束(Ua Hopu)

#21
拘束(Ua Hopu)

日本を訪れていたマクギャレットは、大阪でウォー・ファットを拘束する。彼の携帯からCIAのダグラス捜査官に連絡していたことがわかり、ダニーが繋がりを調べ始める。さらに、マクギャレットがファットを護送してハワイに向う途中、機内で予想外の事態が起こる。

#22
復讐の銃弾(Ua Hala)

#22
復讐の銃弾(Ua Hala)

マクギャレットのもとに突然ジョーが現れ、シェルバーンについて教えると約束する。ところが、フライヤー警部が射殺されたとの連絡が入り、ファイブ・オーは現場に急行。犯人を追う中で、次から次へと悲劇の連鎖が始まる。

HAWAII FIVE-0 × NCIS:LA クロスオーバー 前編
感染(Pa Make Loa)

HAWAII FIVE-0 × NCIS:LA クロスオーバー 前編
感染(Pa Make Loa)

「NCIS:LA極秘潜入捜査班」と「HAWAII:FIVE-0」の2つの人気ドラマの合作エピソード前編。ハワイのホテルで、男が出血性天然痘を発症して死亡する事件が発生。ファイブ・オーとNCISは合同で捜査に当たることになり、NCISのカレン捜査官がサム・ハンナ捜査官とともに、ハワイにやってくる。

HAWAII FIVE-0 × NCIS:LA クロスオーバー 後編
飛火(TOUCH OF DEATH)

HAWAII FIVE-0 × NCIS:LA クロスオーバー 後編
飛火(TOUCH OF DEATH)

捜査の場所はハワイからロスへ―。
ファイブ・オーはNCISと協力して、天然痘ウイルスの発見に努める。NCISは、ウイルスを盗んだプロドマン博士の身柄を拘束するが、プロドマンは既にウイルスと引き換えに大金を得ていた。