メ~テレ イベント情報

▼はじめてご利用の方

メ~チケ会員登録

▼既に会員登録がお済みの方

マイメニュー

ステージ

『ねじまき鳥クロニクル』
村上春樹の傑作長編小説、待望の舞台化!

2020年3月14日(土)、15日(日)愛知県芸術劇場大ホール


世界中で絶賛される村上春樹の代表的長編小説『ねじまき鳥クロニクル』――。“Haruki Murakami”が、世界で読まれるきっかけとなった作品がいよいよ舞台化される。この舞台を創り上げるのは、イスラエルの奇才インバル・ピントと気鋭のアミール・クリガー、日本の演劇界に新しい風を送り続ける藤田貴大、そして独自の音楽世界を持つ大友良英。芝居、コンテンポラリーダンス、音楽が融合し、既成のジャンルを創造的に超える空間が立ち現れる。

演出・美術・振付のインバル・ピントは、日本ではミュージカル「100万回生きたねこ」や百鬼オペラ「羅生門」を手掛け、高い評価を受けた。彼女は原作の世界をファンタスティックに描き、唯一無二の舞台空間を生み出して日本の演劇界に大きなインパクトを与えたことは記憶に新しい。
共同演出と脚本を担当するのは、演劇団体「マームとジプシー」を主宰する藤田貴大。様々なジャンルのアーティストとコラボレートするなど現代演劇の新たな可能性を広げている藤田が、インバル・ピントと初の共同演出に挑む。
そして音楽は、藤田が絶大な信頼を寄せる、世界的な即興演奏家の大友良英。NHK「あまちゃん」「いだてん」など映像作品の音楽でも広く活躍する大友によって、演出家の世界観が生演奏と歌でヴィヴィッドに体現される。

今年、作家デビュー40周年を迎えた村上春樹の作品群の中でも、きわめて重要な意味を持つと言われる長編『ねじまき鳥クロニクル』。その深い迷宮のような世界が、時代の先端を疾走するエッジの効いた表現者たちの手によって、どのように舞台の空間に浮かび上がるのか。村上ワールドの新たな演劇表現への期待が高まっている。


原作:村上春樹
演出・振付・美術:インバル・ピント
脚本・演出:アミール・クリガー
脚本・演出:藤田貴大
音楽:大友良英

<演じる・歌う・踊る>
成河、渡辺大知、門脇 麦
大貫勇輔、徳永えり、松岡広大、成田亜佑美、さとうこうじ
吹越 満、銀粉蝶

<特に踊る>
大宮大奨、加賀谷一肇、川合ロン、笹本龍史
東海林靖志、鈴木美奈子、西山友貴、皆川まゆむ (50音順)

<演奏>
大友良英、イトケン、江川良子

イベント詳細情報

日時 2020年3月14日(土)13:00開演、15日(日)13:00開演
※開場は開演の30分前
会場 愛知県芸術劇場大ホール
チケット発売日 11月2日(土)
チケット取り扱い
■メ~チケ
チケットの購入はこちらから


■メ~チケ【オペレーター電話受付】
 052-308-5222(一般発売後の平日10:00~18:00)

■チケットぴあ
 0570-02-9999(Pコード497-643)
 チケットぴあ店舗、セブン-イレブン、[WEB]
■ローソンチケット
 0570-084-004(Lコード42669)
 ローソン、ミニストップ、[WEB]
■イープラス
 ファミリーマート、[WEB]
■セブンチケット
 セブン‐イレブン、[WEB]
■芸文プレイガイド
 052-972-0430
(10:00~19:00/土日祝~18:00/月休、祝日の場合は翌日)
■名鉄ホールチケットセンター
 052-561-7755(10:00~18:00)、[WEB]
■栄プレチケ92
 052-953-0777(10:00~19:30/不定休)

チケット価格 S席:12,000円、A席:10,000円(全席指定・税込)
U-25チケット6,000円(税込)
※U-25チケットはメ~チケにて前売りのみ取り扱い
(観劇時25歳以下対象・当日指定席券引換・座席数限定・要本人確認書類)
※未就学児入場不可
主催 メ~テレ、メ~テレ事業
企画制作 ホリプロ
公式サイト 公式サイトはこちら
問い合わせ先 メ~テレ事業 052-331-9966(祝日を除く月-金10:00~18:00)