月~金 あさ6:00



全力リサーチ:多くの方が「ギモン」に思っている身近な不思議を徹底調査。時間をかけて視聴者が「納得」できる結果を導き出します。

全力リサーチ「名古屋市民はミルメークを知らない?」

名古屋市民はミルメークを知らない?

番組宛てにこのような投稿が届きました
「愛知県の学校給食にはミルメークが出るのに名古屋市の学校給食では出ないそうです。この違いは?」
そこで、本当にそのような事実があるのか?
また事実だった場合どのような理由なのかを調査しました。

■まずは名古屋市以外の東海3県出身者を対象に調査
やはり皆さん学校給食での思い出があり、牛乳が苦手な人でも美味しく飲んでいたという。
また名古屋城で観光客をターゲットに聞き込みをしてみると様々な地域で、ミルメークを学校給食で認知していた。

■名古屋市出身者を調査
名古屋市内の学校給食でミルメークが出たという人はゼロ。

■小学校時代のミルメークあるある
・粉末を入れる前に一口牛乳を飲むことで、こぼすことなく混ぜられる
・じゃんけんで勝ったり、余ったミルメークは、お道具箱にためる
・牛乳の容器がビンかパックによって、粉末タイプと液体タイプに分かれる
(※学校によって異なる ※液体タイプは学校給食でしか提供していない)

■本社を直撃
ミルメークを作る本社「大島食品工業」の住所は名古屋市守山区小幡
現在では47都道府県のどこかの市町村で必ずミルメークを提供している小学校がある。
また愛知県内では、名古屋市以外全ての市町村で提供している。
にも関わらず、名古屋で作られるミルメークが名古屋市内の学校給食で提供されない理由は
名古屋市教育委員会の〝牛乳は白いまま飲む〟という方針のため
名古屋市に限らず全国的に見ても政令指定都市はその傾向が強い

■河村たかし市長を直撃
初めてミルメークを飲んだ市長の言葉「うみゃぁがな」
名古屋市でミルメークを提供することを前向きに検討してくれるとのことでした。

※掲載している情報は放送時のものです。

関連記事

  • バックナンバー

advertisement