王将戦挑戦権かけた藤井二冠 3連敗で可能性は消える

2020年10月26日 23:16
将棋の藤井聡太二冠は3つ目のタイトル獲得を目指し、王将戦挑戦者決定リーグの第3戦に臨みましたが、惜しくも敗れました。

藤井二冠は永瀬拓矢王座との第3戦に臨み、10時間以上の熱戦の末永瀬王座が藤井二冠を164手で下しました。

王将戦挑戦者決定リーグは7人による総当たり戦で、成績上位の棋士が渡辺明王将に挑みます。藤井二冠は羽生善治九段との初戦、豊島将之竜王との第2戦でも敗れていて、挑戦権獲得の可能性は消えました。

藤井二冠は10 月29日、佐藤天彦九段との第4戦に臨みます。

これまでに入っているニュース

もっと見る